元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 |   | 大学受験

中学受験家庭教師ドクターは、
中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

中学受験 進路 注目記事

子ども進路で奨学金を利用

【ガクネット】インターネット学習塾


子ども進路で奨学金を利用
中学受験 進学塾選び

年収300万円で子どもを大学に入れる方法 (YELL books)

年収300万円で子どもを大学に入れる方法 (YELL books)

  • 作者: 石橋 知也
  • 出版社/メーカー: エール出版社
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本




子どもの進路の為にどんなに考えていても、不況の影響で学費が払えない人が増えています。
子どもにとっては災難としか言えません。
親の突然の失業から収入減から学費が払えなくなってしまう。
仕方なく、学校を退学なり休学する学生が増えています。
また、学費だけではなく生活費にも困ってそれを稼ぐ為にアルバイトをする人も多いのです。
不景気とは親だけではなく学生などのこれから進路を考える子どもにも影響が出ています。
子どもの進路だけでもなんとか考えたい親は様々に考えます。
でも、収入が減っている中ローンは難しいのです。
学費をなんとかして学校を卒業させたいのです。
後は奨学金しかないですね。
奨学金とは各自治体や日本学生支援機構、そして各大学にて利用方法は様々です。
大体は4月に入学してすぐに申請をするものが多いのです。
2年生、3年生からも申請は可能です。
定期的な採用は春の募集が一般的ですね。
子どもの進路の為には親も必死です。
中途半端な時期でも申請できる奨学金もある様です。
突然の倒産、リストラで予期していなかった事が起きる人も多いのです。
そんな事になったらまず思います。
卒業まであとどのくらい払えばいいのだろうか、
奨学金の申請時期の春まで待てそうにないので退学するしかなくなるのではないだろかと。
そんな人には途中からも借りられる奨学金制度もあるのです。
諦めないで下さい。
きっと何か解決方法はあるはずです。
子どもの進路の為になにかを探す努力が報われる時があるといいですね。
ネット学習で受験対策
posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 04:53 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予備校の在り方

100%最短最速で受験に受かる成功法則


子供の進路
予備校の在り方
中学受験 進学塾選び

予備校に入るとどんな天候でもどんなことが起きても毎日通うということになります。
毎日通う予備校だから、立地や施設について本人も子どもの進路を思う親もきちんと把握しておくべきです。
自宅から通える場所にあるかどうか?
重要だと思います。
毎日勉強して、毎日通うわけです。
通学に時間を取られて、また通学に距離があって疲れてしまっては勉強に身が入らない場合もあります。
個人差もあるとは思いますが、負担に感じてしまえばおしまいです。
あまり通学時間をかけても実際に勉強できる時間も減ります。
まら、予備校と自宅の間に誘惑される施設はないか?
勉強中、きっとストレスも溜まると思います。
勉強以外の楽しいことに誘惑される気持ちは理解できそうな気がしますが、受験生は時間が大切です。
子どもの進路の為になるべくなら排除したい世界ですね。
あとは予備校の施設についても選ぶポイントがあると思います。
例えば自習室。
自習室のない予備校はないと思います。
しかし、規模が小さい、狭いと使用にあたって不便があるかもしれない。
最初にどのように使用できるか予備校に確認したらよいです。
あと、情報を入手出来るか?成績状況と志望校への合格判定を確認できると良いですね。
大手の予備校では模試結果からそういった情報を見られるようになっていますが、地方の予備校ではどうでしょうか?
最後に予備校生の為の食堂などあると便利ですね。
値段とメニューを事前に確認しても良いと思います。
大手の予備校なら情報に関しても食堂に関しても充実しているのではないでしょうか?
ただ、通学に関する事は重要なことだと思うので、どこが自分に合っている予備校なのかを見極めて決めると良いです。

成績に何の変化もなかった場合は代金は頂きません
posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 10:34 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの進路の為の健康管理

食育講座を学ぶならここ
農林水産省推進「食育」。
家族の健康は自分が守る。   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

子どもの進路の為の健康管理
中学校受験 進学塾選び

受験の心得として健康管理が基本ではないでしょうか?
勉強は心も体も健康であってこそだと思います。
健康を維持するには適度な運動と食事です。
またストレスを溜めない事も大切です。
受験生本人と子どもの進路を一緒に頑張る親との間で頑張れることです。
食事が粗悪、不衛生な中での勉強、睡眠不足、運動不足。
こんな人は健康な体や心を持って受験に成功できません。
なんでも、食事は果物や野菜が中心のベジタリアンが能には良いようです。
アインシュタインやノーベル賞受賞者はベジタリアンが多いようです。
チンパンジーやゴリラのように人間科の動物は遺伝子にほとんど違いがないのです。
そんな動物は何を食べているでしょうか?
多く知られていてもバナナをはじめ果物と野菜だと思います。
ナチュラルハイジーンと言って低脂肪と未精製のプラントベースの食事法が参考になります。
これは動物性たんぱく質と乳製品、白米、白砂糖なので精製した炭水化物は一切取りません。
生ものが80%の食事を取るのです。
朝食、新鮮な果物をたっぷり食べます。
朝の時間帯は体のエネルギーが排泄に使われるので、酵素がたっぷりな消化に良い果物が最適なのです。
昼から夜までは食べ物をたっぷり取っていくのです。
生の野菜や緑の濃い温野菜をたっぷり、豆類と穀類を一緒に。
肉・魚などの動物性食品の摂取をしませんが、どうしても食べたい時は、穀類・イモ類・豆類とはあわせないで、生の野菜と合わせて食べます。
正しい組み合わせの食べ物はエネルギーを消化に使うのでなく、他のところで使うのです。脳に回せるのです。

食事に関しては子どもの進路を一緒に進んでいる、母親が頑張り所でしょうか。

服部幸應の食育の本 vol.2 完全保存版 (LOCUS MOOK 笑う食卓シリーズ)

服部幸應の食育の本 vol.2 完全保存版 (LOCUS MOOK 笑う食卓シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: グリーンハンド『笑う食卓』編集室
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: ムック




 
posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 06:36 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。