元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 |   | 大学受験

中学受験家庭教師ドクターは、
中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

中学受験 進路 注目記事

中学受験 進学塾は何年生から?

「中学受験」の準備は、だいたい何年生のいつ頃から行えばいいのでしょうか。
一般的には、新4年生から、またはお子さんによっては新5年生からで充分だそうです。


中学受験 超難関校合格! 頭のいい子にも勝てる 算数まとめノート

中学受験 超難関校合格! 頭のいい子にも勝てる 算数まとめノート

  • 作者: 望月 俊昭
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/02/27
  • メディア: 単行本



中学受験 進学塾は何年生から?≫続きを読む
posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 09:26 | Comment(0) | 中学受験の進学塾選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勉強は楽しい?





momobgyoko.JPG

勉強は楽しい?
中学受験の進学塾選び 

進学塾でも家庭学習についても、心がけておくべき大事なことがあります。
そもそも、勉強は楽しいものでしょうか?
低学年なら、半分遊びの延長でウキウキわくわくの気持ちもあるかもしれません。しかし、学年が上がると段々難しくなってきて、楽しいどころではありません、中学受験になればなおさらです。
また、親が一緒に勉強を見てやるということもほとんど、少なくなってきます。
中学受験になると問題も難しくなり、親では見てやることはできないからです。
その代わりといってはなんですが、気を遣って「おやつ」を持ってくるかもしれません。
お子さんはその瞬間は喜ぶかもしれませんし、食べておいしいので嬉しくもなるでしょう。
でも、それは実はお子さんにとっては、いい迷惑な行為なのです。
そのほか、勉強することが楽しくなるように、あれこれと世話を焼きたくなるかもしれませんが、やめましょう。
勉強の邪魔にならないように、環境を整えるのはOKですが、勉強を楽しくさせようというのはNGです。

元々、勉強は楽しいものではありません。特に子どものころの勉強ほど、つらいものはありません。
ですから、いくら楽しいことを並べてみても、結局、勉強とは関係ないものであり、後で一層虚しくなります。
しかし、もし、本当に勉強が楽しいと思うようになるとしたら、それは勉強ができるようになったときです。
わからなかったものが「自力で解けたとき」「わかった!」と思ったとき、その達成感・満足感で楽しいと感動できるでしょう。
そうして、そういった勉強の楽しさを実感できるようになるためには、毎日勉強する習慣をつけることが一番の近道なのです。
進学塾や、学習塾はその「毎日勉強する」習慣を付けさせることも目的の一つなのです。

自宅学習で安心:ネット自宅学習で成績UP

中学受験 準備【中学受験のメリット】
 ┃
 ┣ 準備【学校と塾】
 ┣ 準備【塾は必要性】
 ┣ 準備【やる気】
 ┣ 進学塾選び【種類別】
   ┣ 【タイプ別】
   ┣ 【塾の費用】
   ┗ 【入塾相談】
 ┣ 進学塾選び 選ぶ基準(1)
   ┣  選ぶ基準(2)
   ┣  選ぶ基準(3)
   ┣  選ぶ基準(4)
   ┣ 選ぶ基準(5)
   ┗ 選ぶ基準(6)
 ┣  家庭学習
 ┣  勉強は楽しい?
 ┣  塾と家庭学習
 ┣  成績アップのコツ
 ┣  親子の話し合い(1)
   ┣  親子の話し合い(2)
   ┣  親子の話し合い(3)
   ┗  親子の話し合い(4)
 ┣  親力(1)
   ┗  親力(2)
 ┣  受験(1)
   ┣  受験(2)
   ┗  受験(3)
 ┣  偏差値と難易度
 ┗  効率アップ勉強法(1)
   ┗  効率アップ勉強法(2)


posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 14:39 | Comment(0) | 中学受験の進学塾選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭学習

家庭学習
中学受験の進学塾選び 

中学受験の進学塾選びが進んできたところで、家庭学習について大事なことを考えてみましょう。
最近、規則正しい生活が大切だということが見直されてきました。
お子さんにも、「早寝早起き三度の食事」という規則正しい生活をさせるようにしてください。

さて、中学受験の準備を踏まえて、家庭での学習時間はどのようにとればよいでしょうか。
よくやってしまうのが、1日の予定を先に立てた後で、空いた時間に学習時間を当てはめるということです。
それで良いような気がしますが、そもそも完全に間違っています。
実際に中学受験の勉強に取り組む時間は同じであっても、取り組む意識がまったく違います。
「勉強を先にするか、後にするか?」は、大きな問題です。

勉強が最優先だ、という意識をつけるためにも、この時間に勉強するというのを先に決めてから、他の予定を決めましょう。
そのときに、無理に長時間とる必要はなく、30分くらいで大丈夫です。
それから、徐々に増やしていって、学年が高くなったら、もう少し増やすようにしましょう。

まず勉強ありきという意識が定着すれば、この先ずっと優先順位が高い状態で、家庭学習の習慣が身につきます。
1日あたりの時間は短くても、毎日継続することによって、本当の実力が身についてきます。
中学受験で求められているのは、短期的な知識ではなく、本当の粘り強さと実力なのです。
それから、睡眠時間も重要で、最低7〜8時間は必要です。
脳は寝ている間に記憶を整理して、学習効果をさらに促進してくれるそうです。
そして、記憶という観点からいうと、1回学習したことは1ヶ月以内に復習しないとほぼ忘れてしまうそうです。
それを防ぐために、習った翌日、1週間後、2週間後、さらに1ヵ月後、合計4回は復習の必要があるらしいです。
また、素材に触れる機会を増やすのも効果的なので、目につくところに暗記表・計画表などを貼っておくのも有効です。

心身共に健康で、のびのびと中学受験に向かいたいものですね。

中学受験 準備【中学受験のメリット】
 ┃
 ┣ 準備【学校と塾】
 ┣ 準備【塾は必要性】
 ┣ 準備【やる気】
 ┣ 進学塾選び【種類別】
   ┣ 【タイプ別】
   ┣ 【塾の費用】
   ┗ 【入塾相談】
 ┣ 進学塾選び 選ぶ基準(1)
   ┣  選ぶ基準(2)
   ┣  選ぶ基準(3)
   ┣  選ぶ基準(4)
   ┣ 選ぶ基準(5)
   ┗ 選ぶ基準(6)
 ┣  家庭学習
 ┣  勉強は楽しい?
 ┣  塾と家庭学習
 ┣  成績アップのコツ
 ┣  親子の話し合い(1)
   ┣  親子の話し合い(2)
   ┣  親子の話し合い(3)
   ┗  親子の話し合い(4)
 ┣  親力(1)
   ┗  親力(2)
 ┣  受験(1)
   ┣  受験(2)
   ┗  受験(3)
 ┣  偏差値と難易度
 ┗  効率アップ勉強法(1)
   ┗  効率アップ勉強法(2)

posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 05:41 | Comment(0) | 中学受験の進学塾選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
∞∞ インターネット自宅学習システムの「e点ネット塾」∞∞
有名予備校講師の授業が自宅で受講できる
e-ネット塾」小学生コース


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。