元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 |   | 大学受験

中学受験家庭教師ドクターは、
中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

中学受験 進路 注目記事

中学受験の進学塾選び 種類別

お子さんの「やる気」も出てきて、そろそろ塾を決めるという場合、どのような塾を選ぶのがよいのでしょうか?
塾というと、まず大きく分けて「進学塾」と「総合塾」に分かれます。
「進学塾」は、文字通り中学受験に対応し、それぞれのノウハウを蓄積して、ムダのないカリキュラムがあります。
「総合塾」は、地域密着型で、地元中学受験の実績があったりします。

また、それぞれの中で「大規模の塾」「小規模の塾」があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
「大規模の塾」の場合、メリットとしては、「情報量が多い」「カリキュラム学習なので水準がわかりやすい」「クラス変更が可能」など。
デメリットとしては、「成績でクラス分けがあるので、やる気が下がる」「長期的な見方がしにくい」「クラス分けで担当が代わる」など。
「小規模の塾」の場合は、「クラス替えがないので適度にリラックスできる」「塾内試験が少ないので目標が絞りやすい」などがメリット。
「情報量が大規模塾には負ける」「リラックスして逆に緊張感に欠ける」などのデメリットがあります。

さらに、指導方法によって「個別指導塾」と「集団指導塾」とがあります。
「個別指導塾」とは、講師1人に対して1人または少人数で指導し、「集団指導塾」とは、大人数で授業を行う塾のことです。
「個別指導塾」は「不明点を丁寧に教える」「学力に合わせるのでマイペースでできる」などのメリットがあります。
しかし、「仲間やライバルがいない」「授業料が割高」だというデメリットもあります。
また、「集団指導塾」は「大勢なので競争意識が生まれ、やる気が出る」「経営的に優秀な講師を置くことが多い」「授業料がやや安い」などがメリット。
「授業の進度が早い」「仲間との人間関係が難しいことがある」などのデメリットもあります。


posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 塾選び 種類別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
∞∞ インターネット自宅学習システムの「e点ネット塾」∞∞
有名予備校講師の授業が自宅で受講できる
e-ネット塾」小学生コース


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。