元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 |   | 大学受験

中学受験家庭教師ドクターは、
中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

中学受験 進路 注目記事

学童期の学習障害

中学受験 進学塾選び 学習障害
学童期の学習障害

「学童期」に入ると、学習障害が表面化してきます。
他の生徒と比較することができるようになるからです。学童期の学習障害の特徴は以下のようになります。
授業中、机に座っていることができない
着替えや給食を食べるのが遅い
勉強道具を忘れてばかりいる
自分の机が整理整頓できない
注意を守れない
先生の言うことを聞かず、従うことができない
集中力がない
悪ふざけばかりする
全身運動が苦手
工作が苦手
興奮しやすい
パニックを起こしやすい
友達とトラブルを起こしやすい
乱暴な面がみられる
日時や時間などの概念が理解できていない
仲の良い友人がいなくて、先生などと仲良くなりたがったりする
「に」「が」「は」などの助詞を間違って使う
突然理解不能なことをしゃべり出す
国語の文章をすらすらと読むことができない
登場人物の気持ちが理解できない
鏡文字を書く
文字がうまく書けない
作文がうまく書けない
算数で、計算が理解できない
図形が理解できない

など、さまざまな問題が見られます。
乱暴するなど暴力的なことも起こり、しばしば学校でトラブルとなる場合もあります。
先生の言うことを聞けないので、学校では問題児扱いとなります。

こういった生徒を、「問題児」として扱うことで、周りの子供達は敏感に察知し、いじめや拒絶などの対象となることもよくあります。
それにより不登校になってしまったり、劣等感を高めたりする場合もあります。
このような生徒がいた場合、学習障害を疑ってみてもよいでしょう。学習障害のテストにより、学習障害と判断されたら、その後の対応も違ってくることと思います。彼らはわざとやっているわけではないのです。
学習障害があるから、そうなってしまっているわけなのです。
それをまず大人が理解することが先決でしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 10:17 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
∞∞ インターネット自宅学習システムの「e点ネット塾」∞∞
有名予備校講師の授業が自宅で受講できる
e-ネット塾」小学生コース

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。