元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 |   | 大学受験

中学受験家庭教師ドクターは、
中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

中学受験 進路 注目記事

中学受験の進学塾選び 選ぶ基準5

中学受験 進学塾選び
中学受験の進学塾選び 選ぶ基準5

次は、「必要な情報をつかむ」ということです。
授業などで教わったら、それを自分のモノにする段階、つまり「必要な情報をつかむ段階」へ進みます。
中心的な作業としては「問題の練習」と「意味の理解」です。
意味の理解」というのは、前のノートを確認したり、何かを調べたり、問題練習の中から、自分なりに理解・納得することです。

中学受験.jpg


問題の練習」というのは、ただの動作や、丸暗記の手段になってしまってはいけません。
問題の練習をすることで、まず理解を深め、そして、さらに繰り返しやることの意味が出てきます。
これらをおおまかにいうと、問題の解説→練習→意味を理解→反復→完全に理解、となります。
しかし、問題練習の段階で、思わぬアクシデントが発生することがあります。
「わかったつもり(誤解)」と「やる気のダウン」です。
「わかったつもり」というのは、学習に対する考え方が原因のことが多いようです。
小学生の場合、低学年のころから、正解すればほめられ、間違えると反復させられます。
問題練習を重ねた結果、いちおう意味が理解できれば問題はありません。
しかし、正解がほしいために、途中なんかどうでもいい、または、暗記してしまえばいい、と考えてしまうことがあります。
ほんとうはそういうつもりがなくても、結果としてそうなってしまう、点数や偏差値で一喜一憂してしまう人が多いのです。
ですから、あせって正解を出すよりも、わからないことは「わからない」と言わせるほうが、次のステップに意味が出てきます。
わからないと言っていた子が難易度の高い問題を解くときには、ものすごく時間がかかるかもしれません。
しかし、その時間は非常に大切で、必要な時間です。
粘り強く考えさせる時間を惜しんだら、結果として、望んでいる理解度や実力には手が届かないのです。
中学受験に成功するタイプは、粘り強い、しつこい、あきらめない子だそうです。
お子さんが問題練習をするときは、質問に答えられる余地や、もう一度解かせたり説明したりして、考え方を確認することが必要です。
そして、意味の理解を促して、お子さんの満足感が得られることが、もっとも大切なことです。
塾の宿題は全部の科目でこなせる分量で、教材の内容はわかりやすいですか?

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。

ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。


posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 16:38 | Comment(0) | 塾を選ぶ基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
∞∞ インターネット自宅学習システムの「e点ネット塾」∞∞
有名予備校講師の授業が自宅で受講できる
e-ネット塾」小学生コース

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。