元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 |   | 大学受験

中学受験家庭教師ドクターは、
中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

中学受験 進路 注目記事

中学受験:保護者は「名サポーター」に徹して

 10月に入ると入試までは秒読みとなります。東京都の私立中の入試解禁日は2月1日ですから、10月25日が100日前ということになります。解禁日は自治体によって異なり、年内12月から入試が始まる県もあるので、既に残り100日を切っている学校もたくさん存在します。
残り日程を意識し、追い込みにかかっているなら良いのですが、この時期、なかなか思うように勉強がはかどらず、いらいらを感じているご家庭も多いのではないでしょうか。そこで今回は保護者の心構えとして何点か挙げておきましょう。

(1)模擬試験など、テストの結果に一喜一憂しすぎないこと。

 …これからの時期、テストの結果はものすごく気になります。しかし結果が出てからのアドバイスは、本人のモチベーションを高めるものでなくてはなりません。特に結果が悪かったときは、本人も精神的にかなり落ち込んでいるはずです。そこに追い打ちをかけるような言葉を発すると、本人を支えていた意志が折れてしまうことにもなりかねません。

 塾に通っているならテストの結果に対する対応は塾の先生に任せ、ご家庭では「毎日の努力の姿」をほめ、学習意欲をそぐことのないように。たとえ心は心配でも顔には出さず、「大丈夫!」とどっしり構え、子供の不安を吹き飛ばすように接してください。

(2)精神的プレッシャーを与え過ぎないこと。

 …特別扱い・過干渉、いずれも不可。行うなら「小さな気遣い」程度で。「貴方のために栄養満点の夜食を毎日一生懸命用意している」より、「おなかがすいたら冷蔵庫に食べるが物あるから」くらいのさりげなさで十分。精神的プレッシャーが大きすぎると子供によっては逆に萎縮(いしゅく)し、試験当日の緊張にも繋がります。

(3)常に温かく接すること。

 …この時期、当事者である子供より、むしろ保護者の方が先に参ってしまう(時としてキレてしまう?)ことが多々見受けられます。思わず口に出してしまった「やる気がないなら受験なんかやめてしまいなさい」の一言で、せっかく今まで積み上げてきた努力の日々をすべてゼロに戻してしまう…などということのないように。子供にしてもこの時期は精神的に不安定です。

 主役はあくまで子供。子供の心を優しく包み込み、温かく見守ってあげることが一番の支えです。相談したいときに気軽に話ができるよう、保護者は名サポーターに徹しましょう。




失敗しない家庭教師選び方とは?既存の家庭教師センターの問題点を徹底解説

中学受験家庭教師ドクター
posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 09:37 | Comment(23) | 中学受験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。