元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 |   | 大学受験

中学受験家庭教師ドクターは、
中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

中学受験 進路 注目記事

親子の話し合い(4)

ネット学習2万問題無料配信中!

中学受験進学塾選び「親子の話し合い(4)」

なぜ、ウチの子だけ合格するのか?―中学受験「かしこい塾の使い方」

なぜ、ウチの子だけ合格するのか?―中学受験「かしこい塾の使い方」

  • 作者: 西村 則康
  • 出版社/メーカー: マーケティング・トルネード
  • 発売日: 2009/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



お子さんと「将来の夢」について、話し合ったことはありますか。
子どものころの夢というのは、とても身近なことに影響を受けたもので、ほんとうに夢らしく、かわいらしいものです。
ところが、思春期を迎えるにつれ、本当の意味での「将来の夢」(=目標)を見つけるのには、本当に時間がかかるものです。
現実の実力と、現実にできることとにギャップがあることに気づいてしまうからです。
そうはいっても、能力や可能性は無限大ですので、これから勉強や何かの目標に向かって、そのパワーをどんどん使ってほしいものです。
そして、たとえ、なかなか具体的な夢がないからといって、あわてる必要もありません。
目の前の目標をクリアしていくうちに、いろんなことに出会ううちに、見つかるかもしれません。
そこで、今現在のお子さんの夢を、お子さんの言葉で語らせてみましょう。
まだまだ、表現力に乏しく、言葉も足らず、判断材料にならないかもしれません。
「興味があることをもっとやってみたい」「調べたことを話し合える友達がほしい」「地域の友達と一緒の学校に行きたい」「もっとスポーツをやりたい」などなど、なるべくたくさん話させてみましょう。
その中で、何が「うちの子らしい」と感じられ、その成長によいだろうと思えるでしょうか。
これから、中学校探しが始まりますが、その学校にはどんな特徴があって、どんな勉強ができて、どんな夢が持てるでしょうか。
公立中学校が合うと思えば、わざわざ受験などしなくてもよいでしょう。
実際、受験勉強なんて、子どもの「やりたいこと」とそぐわないことのほうが多いでしょう。
小学生の子どもに対して、やりたいことをセーブさせてまで、受験の方が大切だと教えることは、とても難しいことです。
希望の中学に入れたとしても、自分のやりたいことが存分にやれるかどうかは、わかりません。
ただ、私立には、目的を持った子どもが多いのではないか…そこに期待しているのかもしれません。





posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 12:51 | Comment(0) | 親子の話し合い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予備校の四谷学院

子どもの進路
予備校の四谷学院
中学受験進学塾選び

なんで、私が東大に!?―普通の子が「難関校」を突破する四谷学院方式とは〈09年版〉

なんで、私が東大に!?―普通の子が「難関校」を突破する四谷学院方式とは〈09年版〉

  • 作者: 受験と教育を考える会
  • 出版社/メーカー: アーク出版
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本


予備校の四谷学院を紹介したいと思います。
子どもの進路について参考にされて下さい。
四谷学院ではダブル教育という方法を取り入れています。
そのダブル教育とは科目別、能力別の授業で「理解力」と高める方法と55段階の個別指導にて「解答力」を高めるという方法です。
科目別、能力別授業とはどんなものか?
学力の診断テストで科目別に細かくクラス編成が行われます。
例えば、得意分野の科目は選抜クラス、苦手な科目は基礎クラス、レベルに合わせたクラスで学べるので授業の内容が理解していけます。
レベルを診断する為のテストは毎月行われます。
1クラス平均約30名の少人数制です。
講師が生徒の顔を見て授業を進めていくので、緊張感がありながらも、質問もしやすい環境で、授業に集中出来ます。
55段階の個別指導とはどんなのもか?
授業の中で、理解したことを点数が取れる力に高めていくのが55段階の個別指導です。
科目別に中学生レベルから東大生レベルまでの55段階で細かく項目を確認していきます。
入試で得点を取れる学力を身につけていきます。
自分自身では確認出来なかった弱点、きちんと理解していなかったところは、講師がその都度個別に指導してくれます。
個人のペースを大切にしながらも、確実に学力を身につけていけます。

四谷学院は東日本エリアに19校、西日本エリアには6校あります。
東日本エリア
四谷校、池袋校、自由が丘校、吉祥寺校、町田校、立川校、横浜校、藤沢校、厚木校、大宮校、川越校、千葉校、柏校、船橋校、三鷹教室、八王子教室、光が丘教室、南浦和教室、たまプラーザ教室。

西日本エリア
名古屋校、梅田校、なんば校、京都校、神戸校、福岡天神校。

子どもの進路を考えている受験生、それに関わっている家族。
全国にこれだけ教室があれば安心ですね。



 
posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 17:05 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親子の話し合い(1)

成績に何の変化もなかった場合は代金は頂きません

親子の話し合い(1)
中学校受験 進学塾選び

中学受験を考えるとき、まず大事なのが、お子さんとよく話し合うことです。
親の希望で受験をさせたいと考える方も多いですが、受験まで勉強するのは本人なので、本人が納得することが必要だと思います。
仮に半分騙したような形で塾に通わせたとしても、お子さんが嫌がらない場合もあります。
塾の先生は、学校の先生よりおもしろかったり、授業もそれなりに楽しかったり、友達もできたりして、喜んでいくこともあるようです。
ただ、だんだん、ものすごい量の宿題やテストの繰り返しに嫌気が差してくる場合も多くあるようです。
ですから、やはり必ず、受験をすることと、そのために勉強量がかなり増えることを、お子さんと話し合って確認することが大切です。

また、友達が受験するからという理由で、受験を決めるご家庭もあります。
しかし、動機が問題ではなく、やはり、きちんと努力することが必要だよと確認の上でスタートしたいものです。
自分が決意してスタートした場合でも、「やっぱりやめようかな」ということもよくありますので、やはり意思確認は欠かせないでしょう。
最近多いのが、地方から都市部に転居したら、その地域が受験するのがあたり前という環境だった場合です。
やはり受験を意識せざるを得なくなり、あわてて後先考えずに受験に乗っかってしまうということもあるようです。
よくある問題としては、お子さんが反発するケースです。
親が自分の子供のころと比べて「こんな問題もできないのか」と責めてしまい、親子関係が険悪になってしまうことも多くあるようです。

やはり、受験をスタートする前に、どれくらいの勉強が必要なのか、スケジュールがどんなふうか、意思確認し合うことが大切ですね。

親力で決まる!  (宝島社文庫)

親力で決まる! (宝島社文庫)

  • 作者: 親野智可等
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/06/03
  • メディア: 文庫



有名塾、有名予備校と同等の講義内容で費用は10分の1

posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 17:26 | Comment(0) | 親子の話し合い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

センター試験後

センター試験後
中学校受験 進学塾選び

センター試験過去問研究 英語 [2010年版 センター赤本シリーズ]

センター試験後にはチューターに相談するのが良いです。
センター試験後に行う面談には今後を決めるのに重要なものになっていきます。
極めて重要な面談になるのでじっくり相談しましょう。

センター試験の後に行う自己採点から二次試験をどこの大学にするかという相談も必ず受けるべきです。
前年度のセンター試験からの情報はいろいろ調べていると思うのですが、それは過去の情報です。
その年の情報ではないので役には立ちません。
それは子どもの進路を共に考えている親も受験生本人も知っておいた方が良いです。

その年の状況を自分のセンター試験の得点と照らしてどこの大学が相応しいのかをチューターに相談するべきです。
センター試験の自己採点は三大予備校で行ってくれます。
ただ、予備校によって採点データーに違いが出てきます。
完璧なデーターというわけでないわけです。
合格判定の出し方も予備校によってまちまちになります。
チューターもそうしたことをこだわるという感じではないので、可能なら他の予備校データーも出すと良いです。
今はパソコンを使って合格判定を出すシステムを持っていますので、便利に使えると思います。
また、どういった何個かのデーターがあれば客観的にアドバイスが出来るのではないでしょうか?

ただ注意が必要です。
そこで出した合格判定が最終的判定にはなりません。
センター試験直後に行う志望校の判定データーです。
受験生はそのデーターを元に志望校を変更します。
そして、最終的な出願先を決定していくわけです。

受験生の中にはそのデーターが最終的なデーターを思い、その結果だけ見て勝手に決めてしまう人も多いです。
どうしても自分が目指してきた大学に固執してしまい、他にも学べる大学があり、合格の可能性も高い国立大学もあるのに視野を狭くしてしまうのです。
チューターと共に視野を広げて意外な志望校を目指すのも必要です。

最後は受験生本人と子どもの進路を見守る親との間で決めることです。


新出題傾向対応版 センター試験 英語[文法・語句整序]の点数が面白いほどとれる本

posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 11:51 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受験生の親の心得

偏差値40しかない“落ちこぼれ”
担任の教師からも蔑視され、未来を心配されていた子供たちが、
次々に有名大学に一発合格。なんとその数、2046名! 
一体、彼らに何が起きたのか?
詳しくは今すぐ、「こちら」をクリックしてください!


受験生の親の心得
中学受験の進学塾選び  受験生の親として子どもに何をしてあげられるだろうか?
親の価値観や期待は子どもには自然と伝わっていくものです。
東大・京大に入って欲しいと子どもの進路願う親。
大学なんてどこでもいいと思う親や大学よりももっと大切なものがあるはずと思う親。
学歴は関係ないと思う親。
親というのは子どもに自分の子ども進路に様々なおもいがあります。

中学受験は「親」で決まる―難関校対策のカリスマ教師が教える

中学受験は「親」で決まる―難関校対策のカリスマ教師が教える

  • 作者: 山田 正
  • 出版社/メーカー: ぱる出版
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: 単行本

全ての親が子どもの進路に対して、東大に行ってほしいと思っていては子どもの意思が全くないようなものです。
ただ子どもの進路を止めないで欲しいです。
子供は学力があって行きたい大学を考えているのに、どこでも良い的な考え方をして育てるのはあんまり良い環境ではないと思います。
親として子どもの進路を、最大限に可能性を広げてあげて欲しいです。
それが、親が出来る事なのではないでしょうか。
今の子どもの生きている時代は親の時代とは変化しています。
これからの人生があるのは子どもです。
あまり親の価値観を子どもに押し付けるのは良くないです。
以前は学歴さえあれば出世する時代でした。
しかし、今は、状況は変わっています。
一流の企業でさえ倒産や合併、買収が行われています。
サラリーマンが一生保障されているのは今では間違いです。
だから、東大に入れれば後の人生は安心だという価値観は間違ってきます。
もっと子ども進路を子どもに目標を決めさせるべきです。
親は目標を決めるお手伝いをします。
親としてのアドバイスやヒントを与えてあげましょう。
親も必要な情報を必要なだけ取り入れて、子どもにアドバイスできるようになります。
体験した人に本当の情報を聞くのも良いですね。

中学受験は「親」で決まる―難関校対策のカリスマ教師が教える





posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 14:09 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。