元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 |   | 大学受験

中学受験家庭教師ドクターは、
中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

中学受験 進路 注目記事

子どもの進路と通信衛星(1)

子どもの進路と通信衛星(1)

子どもの進路には通信衛星授業という選択もあります。

大手の予備校には通信衛星によって授業を行っています。その予備校によっても通信衛星授業には差があります。
コンテンツの充実から利用のサービス面で差が出ているようです。
代々木ゼミナールと東進ハイスクールでは通信衛星による授業を積極的に行っています。
代々木ゼミナールではサテラインという名で行っています。
代々木校での授業を生中継か録画で全国の各校もしくは地方の塾、高校へ配信しています。
また、その通信衛星での授業を個別ブースなどで自分の都合に合わせて受講できるフレックス・サテラインというものあります。
以前、個別ブースで、ビデオで再生して見るという感じでしたが、今はオンデマンドでパスワード入力システムになっていますので進化しています。
東進ハイスクールでは、スタジオ収録して全国の塾、高校への販売になります。全国の塾に東進衛星予備校として個別ブースで受講できる様に提供しています。

東進ハイスクールは、代々木ゼミナールから看板である講師を引き抜くと同時に、通信衛星授業に関しても入手しているようです。
そういったことにより、子どもの進路に重要でもあるので、受験生は代々木ゼミナールから東進ハイスクールへ動いた講師を目的に東進ハイスクールへ通う人も多いです。

河合塾は生授業に重点を置いていますが、実は代々木ゼミナールよにも早く通信衛星授業を取り入れていました。
ただ、NTTレンタク回線での授業だったので、チャンネル数も少なくて代々木ゼミナールや東進ハイスクールに比べると劣っているものになりました。
塾などへ配信もやっているのですが、契約数は圧倒的に少ないようです。
しかし、高校には評価は高くて高校では採用も多く取れているので、代々木ゼミナールと競っています。
授業の形態はスタジオでの収録になります。
コンピューターグラフィックスを用いて、実験の様子も流しています。
教室では実験は出来ないので、工夫も凝らしてあってわかりやすいということで好評です。
河合塾はいつでもサテライト講座という名で個別ブースにてDVD受講も出来ます。

通信衛星授業に関してどこの予備校が良い悪いはそんなにたいしたことではなかったりします。
それよりもサービス面での差があります。
そんな検討もあるのではないかと思います。

共通のメリットとしては自分の都合に合わせて受講できるという点ではないでしょうか?

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 11:36 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの進路の方向性

子どもの進路の方向性
中学受験進学塾選び

子どもの進路とはどんなものか?進路には様々な方向があります。
それをどうやって決めていけば良いのか?そんな悩みを解決するのは難しい。
ただ、目標を持つという事は難しいことかもしれません。
自分の10年後を想像すると、どういう生活をしているか?仕事は何をしているか?結婚して子供もいるかもしれない・・・といろいろ考えてみます。
想像した上でそれが自分で満足だと思うのなら、目標というか夢です。
そして、その生活はどのように手に入れるのでしょうか?

目標も、夢も生活という基本的な事が必要です。どんな生活で仕事をして収入を得て、そこから目標へ向かえるのです。
その為にはどんな大学へ行ってどんな仕事をするのか?
その内容によって大学の学部も決まってきます。いろいろなものの考え方があると思います。
大学を卒業した後のことを考えるのが進路ではないでしょうか?
大学に入れば良いという考えは、何の目標にもなってない気がします。
将来の自分を想像して、先を見て大学進学なり他の進路を考えたいです。
親から見る子どもの進路も真剣です。
専門的な職種に繋がる学校に進学する場合はかなりの確率で将来が見えてきています。
そんな目標、夢があれば、進路も先が見えます。
ここでは主に大学進学に関して述べさせていただきます。
具体的に受験校を決めるのは、希望の学問や、将来つきたい職業の為にはどこの大学が適切なのか?といったことを土台にして学校選びをします。
予備校で出ている偏差値も全く無視するわけにもいきません。
勉強すれば偏差値はあとからついてきます。先に偏差値から大学選びをしてしますと、自分の可能性を狭めてしまいます。
まったく先のことを考えずに大学を選択してしまうと、かならず後悔します。下手すれば、やりたいことと学部が全く違えば全てが無駄になってしまいますね。
しっかり考えていることが大切です。
子どもの進路を真剣に思う保護者の方も子どもの先のことを一緒に考えると良いのではないかと思います。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 10:42 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの進路【お茶の水ゼミナール】

子供の進路
子どもの進路【お茶の水ゼミナール】
中学受験 進学塾選び

お茶の水ゼミナールの特徴をあげてみようと思います。

少人数制で緊張感・安心を忘れられます。
大人数で講義を受けていると生徒一人ひとりの理解とは別に内容だけ進んでいくので質問があっても言いにくい。
お茶の水ゼミナールでは講師が一人ひとりを把握しています。
講師がきちんと見守っている中での授業は気を抜けません。
また、少人数制のクラスだと仲間は良きライバルになります。
良いライバルとは良い意味で競い合っていき、学力を高めていけます。

お茶の水ゼミナールでは授業内で一般入試にも多く出題されている小論文を対策していくので予習が不要です。
今更聞けないと思っているような課題にも対応してくれる指導があり、合格に繋げると同時に学校での成績も上げます。
入試の直前まで一人ひとりをサポートして最後まで力を伸ばします。
大人数の予備校では出来ない、一人ひとりに対しての個別指導でベストな勉強方法をアドバイスしてくれます。
保護者としては、子どもの進路を考える上で予備校の費用は気になるものです。
お茶の水ゼミナールでは4週間ごとの単位で良心的な受講費になるので、安心です。

授業の振替制度もあります。
学校行事等で忙しい高校生にも便利です。
現役生だけが毎日使える自習室もあり、既卒生がいて順番待ちが大変ってことはないです。

お茶の水ゼミナールには難関大学に合格するシステムがあります。
現役合格した人も、最初から成績が良かったわけではない、確実に力をつける仕組みが大切だと考えています。

解き方と教えるというよりも解けるかどうかというところを重視しています。
そこから確実に解けるという成果を得ていきます。子ども進路で悩む親にとっても満足です。

志望大学と自分の力の差がわからないと不安になるのです。お茶のゼミナールではベネッセコーポレーションの母体による模試が行われ実力判定に欠かせません。
診断を元に志望大学に合格する為に必要なことが明確に出てきます。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 11:43 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学卒業後の進学先

中学受験 進学塾選ぶ 学習障害
中学卒業後の進学先

学習障害を持つ生徒に対しての中学卒業後の進路は、どのようなものがあるでしょう。
養護学校への進学や、県立や私立の普通学校や専門学校への進学、職業高校、定時制高校、通信制高校(サポート校)などさまざまな選択肢があります。
また、就職という道もあるでしょう。

学習障害を持つ生徒に対する進路指導で気をつけたいのが、教師や親が進路を決めつけてしまわないことです。
あくまでも生徒の自主性を重んじる必要があります。
生徒が自ら進みたいと思える道に導いてあげなければなりません。

その生徒が得意としているもの、続けたいもの、興味があるものを見つけ出し、それを達成するにはどの道があるのか、多くの選択肢を与え、その選択肢の中から最終的に決断するのは生徒であるようにすべきです。
学習障害を持つ生徒に対して、親は「将来の就職を考えて、養護学校の就職科があるところ」などと勝手に決めてしまうと、その生徒はいつまでも自分で決められない大人になってしまうでしょう。

生徒が自分で決めることは、親からの自立の第一歩です。
例えそれが親にとっては心配でたまらないことであっても、障害を持つ子持たない子すべてにおいて、自立するために必要な過程であるのです。
親や先生はあくまでもフォローする立場で、どんな選択肢があるのかを提示してあげたり、内容について調べてあげたりする等の支援をしてください。

学習障害があっても社会的に成功した人達はたくさんいます。
社会的成功、とまでは言わないまでも、立派に社会で役立っている人達はたくさんいます。
学習障害があろうとなかろうと、子供には無限の可能性が広がっています。
大人はそれを大きく見守って、進んだ道でつまずいた時にはしっかりとフォローしていくことが大切です。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 11:27 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駿台予備校と子どもの進路

中学校受験 進学塾選び 子供の進路
子供の進路と駿台予備校

現役生から様々なシステムの存在を考え出されて現役合格へと繋げています。
何故これほど難関大学に合格するのでしょうか?
他の予備校を圧倒する合格の実績があります。
現役生が効率よく学習する為のカリキュラムや頼りがいのあるアドバイザー、相談を聞いてくれるクラスリーダー、数多くの受験対策の為の指導。
他の予備校にはない学習システムです。
先輩達のコメントを上手く取り入れ、駿台独自の学習システムを現役合格に導いていきます。
先輩達が入試本番を、自信を持って迎えることができた事を見られると思います。

全国のネット情報がサポートします。
その情報力が、現役での合格率を高めます。
受験も情報時代です。
志望大学の就職情報、合格する為の最低点、入試動向などを、情報収集する事で現役合格への大きな力となります。
知りたいと思う入試の情報を自由に検索出来ます。
他にも入試に関する色々なイベントを催しています。
また最新のキャンパスの情報なども入手できます。

子どもの進路を抱えている保護者とのコミュニケーションもあります。
保護者会や保護者面談を設けています。
入試制度の複雑さに、子どもに対してどのようなアドバイスを持っていれば良いのかわからない保護者もいます。
親と子どもの間での情報の違いを無くす為にも、定期的に保護者会を実施しています。
随時保護者との面談も実施して子どもの進路と学力の状況を保護者と情報を共有していきます。

公開模試、実戦的な面接の対策まで様々な入試に対応していく受験指導です。
複雑化している最近の入試は、学力だけでは合格できません。
学習計画を立て受験する大学にあわせて傾向対策をしていきます。
全国規模での公開模試を通して合格への可能性を確認出来ます。

全ての校舎には自習スペースや個別のブースが設けられています。
入試までの一分一秒を大切に使うのが現役合格には必須です。

人間関係でお悩みですか?それならここで解決できますよ!



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 18:18 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

具体的な支援法(2)

中学受験 進学塾選び 学習障害
具体的な支援法(2)

学習障害の子には、運動面や行動面、社会面で困難がみられる子もいます。
その場合の支援法の例を述べてみます。

運動面が困難な子の対応は、全身運動を教えてみましょう。
ラジオ体操などもいいでしょう。
先に大人がやってみせてあげて、それを真似させる方法だと子供が分かりやすく感じることでしょう。
手や指をうまく使えない子供に対しては、子供が面白がるような遊びを取り入れるのもいいでしょう。
両手でじゃんけんをしたり、楽器を弾いたりして、面白く教えていきましょう。
毎日できるものがあるといいでしょう。
行動面が困難な子の対応は、家庭においても親が支援をしていく必要があります。
忘れ物をしがちな子に対しては、親が後で点検し、何度も同じものを忘れていた場合には、その置き場所を考える、あるいはその授業ではこれ、というような連想させることを探すなど、対策を考えます。
集中しにくい場合も、周りが集中できる環境を作っていく必要があります。
窓際の外が見える席に座らせないで、一番前の席に座らせて、家でも注意をそらすようなものを目につくところに置かない、など周りが注意しなければなりません。
社会面が困難な子の対応は、パニックを起こしている状態では叱ったりしないで、あとで精神的に落ち着いてから話しましょう。
友達に暴力をふるったりした場合は、何をされた場合にそうなったのかを調べ、暴力をふるう以外の選択肢を提示してあげましょう。
子供の喧嘩の場合、必要以上に親が出るのはよくない、と言われますが、学習障害の子の場合はそれが少し異なります。
必要であればその理由を相手の親に伝えるべきです。理解があれば、次の時に相手の子供も対処できます。
相手の親にしても、自分の子が暴力をふるわれたら、よい思いをしないからです。
それから、相手はきっとこういう思いをするんだよ、ということを学習障害の子に教えていくことも大事です。
学習障害の子の場合、相手の気持ちを想像するということは、ちゃんと教えて行ってあげないとわからないことです。
何かトラブルがあればそのたびに、ちゃんと向き合ってひとつずつ解決することがとても大切です。
どの場合もとても根気のいる作業です。しかし、子供は誰しも教育されて大人になっていくのです。
どんな子供も同じです。子育てとはそういうものですよね?
学習障害の子も、ひとつひとつ学んでいくのです。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

始めて四日でCNNが聞き取れた! 本当なんです!!
posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 09:31 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学受験に不可欠な予備校

大学受験に不可欠な予備校

大学を受験するという進路を選択した場合、多くの受験生が利用するであろう予備校。
予備校って有名なところからいろいろあると思うけど、行きたい大学や勉強の仕方、ペースによって選ぶべきです。
親も子どもの進路を考える上で参考にしてください。

どんな予備校があるのか下記に上げてみます。
四谷学院・・・理解力と解答力のダブル教育に力を入れています。
お茶の水ゼミナール・・・少人数でゼミナール方式を取り入れています。
みすず学苑・・・5つの特徴を持っています。怒涛の英語力、1クラス平均18名、難関校合格主義、学力別クラス編成、カレッジタイムシステム
東進ハイスクール・・・東進は授業をするだけではなく、学力を伸ばす予備校と理念があります。
城南予備校・・・「合格ノート」という物を作り独自の受験方法を持っています。
四谷ゼミナール・・・9つのメリットがあります。
完全な個別指導と人数制のクラス指導の両方を持っています。
入学してから入試までにあわせていつからでも始められる様にカリキュラムを作成してくれます。
授業の中で疑問に思うことは、その場で確認して何でも聞けます。
曜日と時間を固定しているので通学しやすい個別指導であれば事前に連絡があれば振替での授業も出来ます。
様々な要望に素早く対応してくれます。
指定された教材意外でも持ち込みの教材や、学校での教材、他の予備校の教材などにも対応してくれます。
個別指導の授業料は月謝制になっています。
個人にあった講師での受講になります。
授業内容を生徒と講師で決めていくので生徒主体で勉強が進められます。
早慶外語ゼミ・・・特徴として指名制の授業が面白いのでしょうか、授業中に次々を質問が講師から飛んでくる、また学力別のクラス編成になっています。
個別指導塾アイリス・・・インターネットを利用した家庭教師です。24時間365日受講できます。通学する時間が惜しい人には便利かもしれませんね。
家庭教師のトライ・・・家庭教師を探している方には様々な教師を選択できるのではないかと思います。

他にも予備校は沢山あります。
子どもの進路での予備校を考えている保護者の人も受験を控えている本人にもベストな予備校選びが出来ると良いです。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

もしも定額給付金が100万円だったら・・・


posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 09:03 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校生進路、子ども進路を考える

中学受験 進学塾選び 子供の進路
高校生進路、子ども進路を考える

高校生の進路の選択には進学か就職に分かれています。
どちらかに決定したあとは、大学へ進学するならば文系か理系の選択をして、その上専攻したい学部や学科も選択します。
一番の選択は受験する大学になります。
進路の選択をするときに影響した要因には次のようなものが経済産業省の委託調査より上げられています。

得意な科目・苦手な科目・興味や関心をもっていること・希望している職業

委託調査によると、上記のうち、「興味や関心をもっていること」が一番の要因になっている様です。
確かに興味や関心が無いことを進路に組み込んでもそれではただ目的の無い人になってしまうように感じます。
次に「得意な科目」、「希望している職業」と上がっています。
苦手な科目を考慮した人も少なくは無いようです。

最近の世の中ではフリーターやニートと呼ばれる人が増え、若年者雇用の問題が大きい。
子ども進路を考える親は中等教育の段階から職業に対しての意識を持たせていく必要性があります。
大学進学にしても大学に行く事だけが目標にならないように、先のことを見据えて大学卒業後の職業のことを考える必要があります。
そんなことから、進路学習・職業教育・キャリア教育などが一般的に盛んになっています。

しかし、実際にはこのような取り組みも進路の選択の際に大きなサポートにはなっていない可能性もあります。
学習内容と指導方法の再検討が必要です。

高校を卒業後すぐに就職を考えていても、高校在学中からきちんとした職業への関心を高めて目標を定めることが大切です。
また、大学に進学するからといってもまったく就職のことを考えずにいても、学部の選択のミスにも繋がります。
ある程度の目標を進学にしろ就職にしろ、持っていた方がいいですね。
進路は人生の大切な岐路です、じっくり考えてみたいですね。

子ども進路を子どもと親とできちんと話しておくべきです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

もしも定額給付金が100万円だったら・・・


posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 05:48 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。