元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


中学受験 |   | 大学受験

中学受験家庭教師ドクターは、
中学受験専門のプロ講師集団(SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

中学受験 進路 注目記事

高機能自閉症

高機能自閉症

学習障害と混同されがちなものに、「高機能自閉症」というものがあります。
文部科学省による「高機能自閉症」の定義は以下のとおりです。
3歳位までに現れ、他人との社会的関係の形成の困難さ、言葉の発達の遅れ、興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動の障害である自閉症のうち、知的発達の遅れを伴わないものをいう。
また、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。
自閉症の場合、80〜90%は知的障害がありますが、高機能自閉症知的障害がありません。
IQは標準あるいはそれ以上であることもあります。
その判断基準は、
1、知的の発達の遅れが認められないこと
2、以下の項目に多く該当する。
人への反応やかかわりの乏しさ、社会的関係形成の困難さ
言葉の発達の遅れ
興味や関心が狭く特定のものにこだわること
その他の高機能自閉症における特徴
3、社会生活や学校生活に不適応が認められること

と、されています。
学習障害や知的障害がないため、日本の法律では障害児とみなされません。
IQが高いので障害があるということを発見されにくくなります。
IQが高いにも関わらず、自閉症児にみられるような行動を起こし、周りが戸惑うことが多くなります。

あるいは、誰にも気づかれずに大人になってから分かるということもあるそうです。
高機能自閉症が疑われる場合は専門家に判断をゆだね、もしそうであった場合、周りの大人が理解しそのように対応することがとても大切です。
決して、「ダメな子だ。」「なぜそんなことをするのか?」など叱責しないでください。
それにより、二次障害(精神的なもの)を併発するようなことも懸念されます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 良い旅行会社とは・・春旅行 団体旅行春旅行 温泉


posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 14:54 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学童期の学習障害

中学受験 進学塾選び 学習障害
学童期の学習障害

「学童期」に入ると、学習障害が表面化してきます。
他の生徒と比較することができるようになるからです。学童期の学習障害の特徴は以下のようになります。
授業中、机に座っていることができない
着替えや給食を食べるのが遅い
勉強道具を忘れてばかりいる
自分の机が整理整頓できない
注意を守れない
先生の言うことを聞かず、従うことができない
集中力がない
悪ふざけばかりする
全身運動が苦手
工作が苦手
興奮しやすい
パニックを起こしやすい
友達とトラブルを起こしやすい
乱暴な面がみられる
日時や時間などの概念が理解できていない
仲の良い友人がいなくて、先生などと仲良くなりたがったりする
「に」「が」「は」などの助詞を間違って使う
突然理解不能なことをしゃべり出す
国語の文章をすらすらと読むことができない
登場人物の気持ちが理解できない
鏡文字を書く
文字がうまく書けない
作文がうまく書けない
算数で、計算が理解できない
図形が理解できない

など、さまざまな問題が見られます。
乱暴するなど暴力的なことも起こり、しばしば学校でトラブルとなる場合もあります。
先生の言うことを聞けないので、学校では問題児扱いとなります。

こういった生徒を、「問題児」として扱うことで、周りの子供達は敏感に察知し、いじめや拒絶などの対象となることもよくあります。
それにより不登校になってしまったり、劣等感を高めたりする場合もあります。
このような生徒がいた場合、学習障害を疑ってみてもよいでしょう。学習障害のテストにより、学習障害と判断されたら、その後の対応も違ってくることと思います。彼らはわざとやっているわけではないのです。
学習障害があるから、そうなってしまっているわけなのです。
それをまず大人が理解することが先決でしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 10:17 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学受験の準備「やる気」はどこから?

学校教育 塾 習い事【学びの細道】
http://manabuno-hosomichi.seesaa.net/
子供の習い事 ピアノ

tanbarin.jpg
中学校受験 進学塾選び:中学受験の準備「やる気」はどこから?
【記事の詳細】


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 12:44 | Comment(0) | やる気はどこから? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学受験のメリット

学校教育 塾 習い事【学びの細道】
http://manabuno-hosomichi.seesaa.net/
中学受験の進学塾選び 選ぶ基準6


中学受験の準備 中学受験のメリット
【記事詳細】

中学受験090118.jpg



posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 08:57 | Comment(0) | 中学受験のメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学受験の進学塾選び 選ぶ基準

中学受験 進学塾選び
中学受験の進学塾選び 選ぶ基準6

中学受験090301.JPG

さて、次は「必要な情報を保つ」つまり、「忘れないようにする」ということについて考えましょう。
小学生の場合、おなじ分量・時間・労力であっても、どうしても個人差が出てしまい、成績から能力を疑ってしまいそうになります。しかし、お子さんの能力を疑う前に、勉強した内容がきちんと記憶保存されているかを確かめてみる必要があります。
たとえば、将棋や自転車の乗り方・箸の持ち方などのパターン化することで得られる記憶を「方法記憶」といい、忘れにくい記憶となって頭に残ります。
また、必死に考えたり悩んだりして得られる記憶を「経験記憶」といい、単純に反復して覚えた記憶を「知識記憶(丸暗記)といいます。
「経験記憶」は「知識記憶」に比べて、忘れにくくなっています。
ただ、「知識記憶」でも、意味や概念的に関連事項をまとめ、ほかの知識に組み込むと、「経験記憶」として頭に残ります。
このような3つの記憶方法を、学習に上手く役立てることができます。
まず、対象が無意味な素材の場合は、「知識記憶」として単語帳やマーカーなどで丸暗記します。
分類表にまとめたり、語呂合わせで、イメージ化したり意味づけをしたりすれば、「経験記憶」として、より上手く記憶できるでしょう。
次に、「算数問題」などは、「式を立てる」「式を解く」という2つの作業がありますが、「式を解く」というのは機械的作業で、ほぼ「方法記憶」です。
それに対して、「式を立てる」というのは、文中の条件を組み合わせて、結論を導く「経験記憶」の作業です。
基本問題はパターン化できる「方法記憶」なので、意味をしっかり理解して、解法のコツをつかめば上手く記憶することができます。
ですから、毎日の学習では、基本問題にかける時間をできるだけ短縮して、応用問題に時間をかけるようにしなければなりません。
基本問題をつらつら解いて「やったつもり」になっていては、本番に強くはなれません。
応用問題に取り組み、時間をかけて自分の頭で考え、悩み、経験記憶をどんどん蓄積していくことが、遠回りのようで実は合格の近道になるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 中学受験 進学塾選び 記録の細道 at 13:13 | Comment(0) | 塾を選ぶ基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。